Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » SQL Anywhere クライアント

 

同期サブスクリプションの作成

Mobile Link ユーザとパブリケーションを作成後、1 つまたは複数の既存のパブリケーションに対して、少なくとも 1 人の Mobile Link ユーザのサブスクリプションを作成してください。これを行うには、同期サブスクリプションを作成します。

パブリケーションの作成については、データのパブリッシュを参照してください。Mobile Link ユーザの作成については、Mobile Link ユーザの作成を参照してください。

注意

Mobile Link ユーザのすべてのサブスクリプションが、1 つの統合データベースに対してのみ同期されていることを確認する必要があります。複数の統合データベースに同期されていると、データの損失や予期しない動作が発生する場合があります。

同期サブスクリプションは、特定の Mobile Link ユーザをパブリケーションとリンクします。また、同期に必要なその他の情報を含めることもできます。たとえば、Mobile Link サーバのアドレスや、同期サブスクリプションに使用する他のオプションを指定できます。特定の同期サブスクリプションの値によって、Mobile Link ユーザに設定された値が上書きされます。

同期サブスクリプションは、Mobile Link SQL Anywhere リモート・データベース内でのみ必要です。サーバ論理は、統合データベース内の Mobile Link システム・テーブルに格納されている同期スクリプトによって実装されます。

単一の SQL Anywhere データベースは複数の Mobile Link サーバと同期できます。複数のサーバとの同期を行うには、サーバごとに異なる Mobile Link ユーザを作成します。

CREATE SYNCHRONIZATION SUBSCRIPTION 文 [Mobile Link]を参照してください。

SQL Anywhere サンプル・データベース内の Customers テーブルと SalesOrders テーブルの同期を行うには、次の文を使用します。

  1. 最初に、Customers テーブルと SalesOrders テーブルをパブリッシュします。パブリケーション名として testpub を指定します。

    CREATE PUBLICATION testpub
     (TABLE Customers, TABLE SalesOrders)
  2. 次に Mobile Link ユーザを作成します。この場合、Mobile Link ユーザは demo_ml_user です。

    CREATE SYNCHRONIZATION USER demo_ml_user
  3. 処理を完了するために、ユーザとパブリケーションにリンクするサブスクリプションを作成します。

    CREATE SYNCHRONIZATION SUBSCRIPTION TO testpub
     FOR demo_ml_user
     TYPE tcpip
     ADDRESS 'host=localhost;port=2439;'
     OPTION sv='version1'

Mobile Link サブスクリプションの変更
Mobile Link サブスクリプションの削除