Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » SQL Anywhere クライアント » 同期の開始

 

トランザクション・ログ・ファイル

多くの場合、何をアップロードするかは、dbmlsync によって SQL Anywhere トランザクション・ログを使用して決定されます。オフセットは、サブスクリプションに対するすべての操作がアップロードされ確認された点を示します。

SQL Anywhere データベースは、デフォルトでトランザクション・ログを管理します。データベースを作成するときに、トランザクション・ログの格納場所と、トランザクション・ログを保持するかどうかを指定できます。

スクリプト化されたアップロードを実装したり、ダウンロード専用のパブリケーションのみを使用する場合は、トランザクション・ログが必要ない場合があります。

アップロードの準備において、dbmlsync ユーティリティは、同期している Mobile Link ユーザのすべてのサブスクリプションが最後に正常に同期された後に書き込まれたすべてのトランザクション・ログにアクセスする必要があります。ただし、通常、SQL Anywhere ログ・ファイルは、定期的なデータベース管理作業の中でトランケートされ、名前が変更されます。その場合は、記述されている変更内容がすべて正常に同期されるまで、古いログ・ファイルの名前を変更し、別のディレクトリに保存してください。

dbmlsync コマンド・ラインで、名前が変更されたログ・ファイルが格納されているディレクトリを指定できます。前回の同期の後で作業ログ・ファイルのトランケートと名前の変更が行われていない場合、または名前が変更されたログ・ファイルがあるディレクトリから dbmlsync を実行する場合は、このパラメータを省略できます。

参照

古いログ・ファイルがディレクトリ c:\oldlogs に格納されているとします。次のコマンドを使用してリモート・データベースを同期することができます。

dbmlsync -c "dbn=remote;uid=syncuser" c:\oldlogs

古いログ・ディレクトリへのパスは、コマンド・ラインに最後の引数として指定してください。