Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クライアント管理 » Mobile Link 用 SQL Anywhere クライアント » Mobile Link SQL Anywhere クライアント・ユーティリティ (dbmlsync)

 

-v オプション

メッセージ・ログ・ファイルにログを取り、同期ウィンドウに表示する情報を指定できます。冗長レベルを上げ過ぎるとパフォーマンスに影響する可能性があるので、通常は冗長レベルを上げるのは開発段階だけにしてください。

構文
dbmlsync -v [ levels ] ...
備考

-v オプションはメッセージ・ログ・ファイルと同期ウィンドウに影響します。dbmlsync コマンド・ラインで -o または -ot を指定すると、メッセージ・ログが記録されるだけです。

-v を単独で指定すると、少量の情報のログが取られます。

levels の値は次のとおりです。たとえば -vnrsu や -v+cp などのように、次のオプションを一度に 1 つまたは複数指定できます。

  • +   c と p 以外のすべてのログ・オプションをオンにする

  • c   ログ内の接続文字列を公開する

  • p   ログ内のパスワードを公開する

  • n   アップロードとダウンロードされたロー数のログを取る

  • o   指定したコマンド・ライン・オプションと拡張オプションに関する情報のログを取る

  • r   アップロードとダウンロードされたローの値のログを取る

  • s   フック・スクリプトに関連するメッセージのログを取る

  • u   アップロード関する情報のログを取る

-v オプションと同様の機能を持つ拡張オプションがあります。-v オプションと拡張オプションの両方を指定して、競合が発生した場合は、-v オプションが拡張オプションよりも優先されます。競合が発生しない場合は、冗長ログ・オプションが追加され、指定したすべてのオプションが使用されます。拡張オプションでロギングの冗長性を設定しても、ロギングは直ちに有効にならないため、起動情報のログは取られません。最初の同期が行われる時点では、-v オプションを指定した場合と拡張オプションを指定した場合のロギングの動作は同じです。

参照