Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link イベント » 同期イベント

 

begin_synchronization テーブル・イベント

同期処理の準備中にアプリケーションが Mobile Link サーバに接続する時点で、特定のテーブルに関連した文を処理します。

パラメータ

次の表の説明では、SQL データ型を示します。Java または .NET でスクリプトを作成する場合、適切なデータ型を使用してください。SQL データ型と Java データ型SQL データ型と .NET データ型を参照してください。

SQL スクリプトでは、名前または疑問符を使用してイベント・パラメータを指定できますが、スクリプト内に名前と疑問符を混在させることはできません。疑問符を使用する場合、パラメータは以下に示す順に指定する必要があり、後続のパラメータが指定されていない場合のみ省略可能です (たとえば、パラメータ 2 を使用する場合は、パラメータ 1 を使用してください)。名前付きパラメータを使用する場合は、パラメータの任意のサブセットを任意の順に指定できます。

SQL スクリプトのパラメータ名

説明

順序

s.remote_id VARCHAR(128)。Mobile Link リモート ID。名前付きパラメータを使用している場合のみ、リモート ID を参照できます。 適用不可

s.username

VARCHAR(128)。Mobile Link ユーザ名。

1

s.table

VARCHAR(128)。テーブル名。

2

デフォルトのアクション

なし

備考

同期を準備するアプリケーションが Mobile Link サーバとの接続を形成すると、Mobile Link サーバは、begin_synchronization 接続レベルのイベントを実行してから、このイベントを実行します。

リモート・データベースのテーブルごとに、begin_synchronization スクリプトを 1 つ指定できます。このイベントは、テーブルが同期されている場合にのみ呼び出されます。

参照
SQL の例

begin_synchronization テーブル・イベントを使って、特定のテーブルの同期を設定します。次の SQL スクリプトは、同期中にローを保存するためのテンポラリ・テーブルを作成するスクリプトを登録します。これは SQL Anywhere 統合データベース用の構文です。

CALL ml_add_table_script(
 'ver1',
 'sales_order',
 'begin_synchronization',
 'CREATE TABLE #sales_order (
    id          integer NOT NULL default autoincrement,
    cust_id     integer NOT NULL,
    order_date      date NOT NULL,
    fin_code_id char(2) NULL,
    region      char(7) NULL,
    sales_rep       integer NOT NULL,
    PRIMARY KEY (id),
)' )
Java の例

次の Mobile Link システム・プロシージャ・コールは、スクリプト・バージョン ver1 を同期するときに、beginSynchronizationTable という Java メソッドを begin_synchronization テーブル・イベント用のスクリプトとして登録します。

CALL ml_add_java_table_script(
 'ver1',
 'table1',
 'begin_synchronization',
 'ExamplePackage.ExampleClass.beginSynchronizationTable' )

次に示すのは、サンプルの Java メソッド beginSynchronizationTable です。このメソッドは、このインスタンスに含まれるテーブル名のリストに現在のテーブル名を追加します。

public String beginSynchronizationTable(
  String user,
  String table ) {  
  _tableList.add( table );
  return ( null );
}
.NET の例

次の Mobile Link システム・プロシージャ・コールは、スクリプト・バージョン ver1 とテーブル table1 を同期するときに、BeginTableSync という .NET メソッドを begin_synchronization テーブル・イベント用のスクリプトとして登録します。

CALL ml_add_dnet_table_script (
  'ver1', 
  'table1',
  'begin_synchronization',
  'TestScripts.Test.BeginTableSync' )

次に示すのは、サンプルの .NET メソッド BeginTableSync です。このメソッドは、このインスタンスに含まれるテーブル名のリストに現在のテーブル名を追加します。

public string BeginTableSync( 
  string user, 
  string table ) {  
  _tableList.Add( table );
  return ( null );
}