Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link リファレンス » Mobile Link ユーティリティ

 

Mobile Link ユーザ認証ユーティリティ (mluser)

統合データベース側で Mobile Link ユーザを登録します。SQL Anywhere リモートの場合は、CREATE SYNCHRONIZATION USER 文を使用して、リモート・データベース側でユーザを事前に作成しておきます。

構文
mluser [ options ] -c "connection-string"
  { -f file | -u user [ -p password ] }

オプション

説明

@data

これを使用すると、指定された環境変数または設定ファイルからオプションを読み込むことができます。同じ名前の環境変数と設定ファイルが両方存在する場合は、環境変数が使用されます。設定ファイルの使用を参照してください。

設定ファイル内のパスワードなどの情報を保護する場合は、ファイル難読化ユーティリティを使用して、設定ファイルの内容を難読化できます。ファイル難読化ユーティリティ (dbfhide)を参照してください。

-c "keyword=value;..."

これを使用して、データベース接続パラメータを指定します。ODBC データ・ソースを使用して統合データベースに接続するには、接続文字列にユーティリティのパーミッションを指定します。このパラメータは必須です。

-d

-f または -u で指定したユーザ名を削除します。

-f filename

指定したファイルから、ユーザ名とパスワードを読み込みます。ファイルは、1 行ごとにユーザ名とパスワードが 1 つずつ、空白スペースで区切って指定されているものを使用します。-f または -u を指定してください。

-fips 設定すると、FIPS のサポートがインストールされていない場合に mluser が失敗します。

-o filename

指定したファイルに出力メッセージのログを取ります。

-ot filename

ログ・ファイルをトランケートし、このファイルに出力メッセージを追加します。デフォルトでは、画面に出力を送信します。

-p password

ユーザと関連付けるパスワード。このオプションは、-u を指定した場合のみ使用できます。

-pc collation-id

ユーザ名とパスワードの文字セット変換用のデータベース照合 ID を指定します。ここには、サポートされている照合と代替照合にリストされている SQL Anywhere 照合ラベルの 1 つを指定します。このオプションは、ファイルから読み込まれるユーザ名とパスワードが、ロケールで決定されるデフォルトの文字セットとは異なる文字セットでエンコードされている場合に必要です。

-u ml_username

追加するユーザ名を指定します (-d と一緒に使用した場合、ユーザを削除します)。1 行のコマンド・ラインで指定できるユーザは 1 人だけです。パスワードを使用している場合は、このオプションを -p とともに使用します。-f または -u を指定してください。

-v

冗長ロギングを指定します。

備考

ユーザとパスワードのペアを指定すると、mluser ユーティリティはまずそのユーザを追加しようとします。ユーザをすでに統合データベースに追加してある場合は、そのユーザのパスワードを更新します。

ユーザ名を統合データベースに登録するには、別の方法も使用できます。

  • Sybase Central を使用する。

  • mlsrv11 で -zu+ コマンド・ライン・オプションを指定する。この場合、最初に同期するときに、統合データベースに追加されていない既存の Mobile Link ユーザが追加されます。

追加されるのは、リモート・データベースにすでに存在する Mobile Link ユーザです。リモート・データベース側でユーザを追加する場合、次のオプションがあります。

  • SQL Anywhere リモートの場合、CREATE SYNCHRONIZATION USER を使用して名前を設定し、そのユーザ名で同期する。

  • Ultra Light リモートの場合は、ul_synch_info 構造体の user_name フィールドを使用するか、Java で、ULSynchInfo クラスの SetUserName() メソッドを使用してから同期する。

参照