Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link イベント » 同期イベント

 

end_upload_rows テーブル・イベント

リモート・データベース内の指定されたテーブルからアップロードされた挿入と更新を適用した直後に、そのテーブルに関連した文を処理します。

パラメータ

次の表の説明では、SQL データ型を示します。Java または .NET でスクリプトを作成する場合、適切なデータ型を使用してください。SQL データ型と Java データ型SQL データ型と .NET データ型を参照してください。

SQL スクリプトでは、名前または疑問符を使用してイベント・パラメータを指定できますが、スクリプト内に名前と疑問符を混在させることはできません。疑問符を使用する場合、パラメータは以下に示す順に指定する必要があり、後続のパラメータが指定されていない場合のみ省略可能です (たとえば、パラメータ 2 を使用する場合は、パラメータ 1 を使用してください)。名前付きパラメータを使用する場合は、パラメータの任意のサブセットを任意の順に指定できます。

SQL スクリプトのパラメータ名

説明

順序

s.remote_id VARCHAR(128)。Mobile Link リモート ID。名前付きパラメータを使用している場合のみ、リモート ID を参照できます。 適用不可

s.username

VARCHAR(128)。Mobile Link ユーザ名。

1

s.table

VARCHAR(128)。テーブル名。

2

デフォルトのアクション

なし

備考

アップロードされた情報によっては、統合データベースでローを挿入したり更新したりする必要があります。このスクリプトは、2 番目のパラメータで指定したリモート・テーブルに対する修正の結果生じる変更を適用した直後に実行されます。

リモート・データベースのテーブルごとに、end_upload_rows スクリプトを 1 つ指定できます。

参照
SQL の例

次の Mobile Link システム・プロシージャ・コールは、スクリプト・バージョン ver1 を同期するときに、endUploadRows という SQL メソッドを EndUploadRows テーブル・イベント用のスクリプトとして登録します。

CALL ml_add_table_script(
  'version1',
  'table1',
  'end_upload_rows',
  'CALL EndUploadRows( 
      { ml s.username },
      { ml s.table } )' )

次に示すのは、サンプルの SQL メソッド EndUploadRows です。このメソッドは、データベースを操作する SQL メソッドを呼び出します。

CREATE PROCEDURE EndUploadRows (
 IN user VARCHAR(128),
 IN table VARCHAR(128) ),
BEGIN
   CALL decide_what_to_do(table);
END;
Java の例

次の Mobile Link システム・プロシージャ・コールは、スクリプト・バージョン ver1 を同期するときに、endUploadRows という Java メソッドを end_upload_rows テーブル・イベント用のスクリプトとして登録します。

CALL ml_add_java_table_script(
   'ver1',
   'table1',
   'end_upload_rows',
   'ExamplePackage.ExampleClass.endUploadRows' )

次に示すのは、サンプルの Java メソッド endUploadRows です。このメソッドは、データベースを操作する Java メソッドを呼び出します。

public String endUploadRows(
  String user,
  String table ) 
  throws java.sql.SQLException {
  processUploadedRows( _syncConn, table );
  return ( null );
}
.NET の例

次の Mobile Link システム・プロシージャ・コールは、スクリプト・バージョン ver1 とテーブル table1 を同期するときに、EndUploadRows という .NET メソッドを end_upload_rows テーブル・イベント用のスクリプトとして登録します。

CALL ml_add_dnet_table_script(
  'ver1',
  'table1',
  'end_upload_rows',
  'TestScripts.Test.EndUploadRows'
)

次に示すのは、サンプルの .NET メソッド EndUploadRows です。このメソッドは、データベースを操作する .NET メソッドを呼び出します。

public string EndUploadRows(
  string user,
  string table ) {
  processUploadedRows( _syncConn, table );
  return ( null );
}