Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link イベント » 同期イベント

 

end_upload テーブル・イベント

Mobile Link サーバがアップロードされた挿入、更新、削除のストリーム処理を終了した直後に、特定のテーブルに関連した文を処理します。

パラメータ

次の表の説明では、SQL データ型を示します。Java または .NET でスクリプトを作成する場合、適切なデータ型を使用してください。SQL データ型と Java データ型SQL データ型と .NET データ型を参照してください。

SQL スクリプトでは、名前または疑問符を使用してイベント・パラメータを指定できますが、スクリプト内に名前と疑問符を混在させることはできません。疑問符を使用する場合、パラメータは以下に示す順に指定する必要があり、後続のパラメータが指定されていない場合のみ省略可能です (たとえば、パラメータ 2 を使用する場合は、パラメータ 1 を使用してください)。名前付きパラメータを使用する場合は、パラメータの任意のサブセットを任意の順に指定できます。

パラメータ

説明

順序

s.remote_id VARCHAR(128)。Mobile Link リモート ID。名前付きパラメータを使用している場合のみ、リモート ID を参照できます。 適用不可

s.username

VARCHAR(128)。Mobile Link ユーザ名。

1

s.table

VARCHAR(128)。テーブル名。

2

デフォルトのアクション

なし

備考

Mobile Link サーバは、アップロードした情報を処理する最後の手順としてこのスクリプトを実行します。アップロード情報は別のトランザクションで処理されます。このスクリプトの実行が、このトランザクションで最後のテーブル固有のアクションになります。

リモート・データベースのテーブルごとに、end_upload スクリプトを 1 つ指定できます。

参照
SQL の例

次の Mobile Link システム・プロシージャ・コールは end_upload イベントを、ULCustomerIDPool_maintain というストアド・プロシージャに割り当てます。

CALL ml_add_table_script(
   'custdb',
   'ULCustomerIDPool',
   'end_upload', 
   'CALL ULCustomerIDPool_maintain( username );' );

次の SQL 文は ULCustomerIDPool_maintain ストアド・プロシージャを作成します。

ALTER PROCEDURE "DBA"."ULCustomerIDPool_maintain" ( IN last_table_download TIMESTAMP, IN syncuser_id INTEGER )
BEGIN
    DECLARE pool_count INTEGER;
    
    -- Determine how many ids to add to the pool
    SELECT COUNT(*) INTO pool_count
	    FROM ULCustomerIDPool WHERE pool_emp_id = syncuser_id;
	    
    -- Top up the pool with new ids
    WHILE pool_count < 20 LOOP
	INSERT INTO ULCustomerIDPool ( pool_emp_id ) VALUES ( syncuser_id );
	SET pool_count = pool_count + 1;
    END LOOP;
END
Java の例

次の Mobile Link システム・プロシージャ・コールは、スクリプト・バージョン ver1 を同期するときに、endUploadTable という Java メソッドを end_upload テーブル・イベント用のスクリプトとして登録します。

CALL ml_add_java_table_script(
   'ver1',
   'table1',
   'end_upload',
   'ExamplePackage.ExampleClass.endUploadTable' )

次に示すのは、サンプルの Java メソッド endUploadTable です。このメソッドは、渡されたテーブル名と関連する名前のテーブルに対する削除を生成します。これは SQL Anywhere 統合データベース用の構文です。

public String endUploadTable(
  String user,
  String table ) {
  return( "DELETE from '" + table + "_temp'" ); 
}
.NET の例

次の Mobile Link システム・プロシージャ・コールは、スクリプト・バージョン ver1 とテーブル table1 を同期するときに、EndUpload という .NET メソッドを end_upload テーブル・イベント用のスクリプトとして登録します。

CALL ml_add_dnet_table_script(
   'ver1',
   'table1',
   'end_upload',
   'TestScripts.Test.EndUpload'
)

次の .NET サンプルは、テンポラリ・テーブルに挿入されたローを、スクリプトに渡されたテーブルに移動します。

public string EndUpload( string user, string table ) {
  DBCommand stmt = curConn.CreateCommand();
  // Move the uploaded rows to the destination table.
  stmt.CommandText = "INSERT INTO "
    + table
    + " SELECT * FROM dnet_ul_temp";
  stmt.ExecuteNonQuery();
  stmt.Close();
  return ( null );
}