Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link サーバ・テクノロジの使用 » 同期の方法 » ユニークなプライマリ・キーの管理

 

グローバル・オートインクリメントの使用

SQL Anywhere と Ultra Light のデータベースでは、デフォルトのカラム値を GLOBAL AUTOINCREMENT に設定できます。このデフォルト設定は、ユニークな値を管理するカラムのすべてに適用できますが、特にプライマリ・キーの場合に役立ちます。

♦  グローバル・オートインクリメント・カラムを使用するには、次の手順に従います。
  1. カラムをグローバル・オートインクリメント・カラムとして宣言します。

    このデフォルトのグローバル・オートインクリメントを指定すると、そのカラムの値のドメインが分割されます。各分割には同じ数の値が含まれます。たとえば、データベース内の整数カラムの分割サイズを 1000 に設定した場合、1 つの分割が 1001 から 2000 まで拡大します。また、2 つ目の分割は 2001 から 3000 まで拡大し、以降、同じように拡大していきます。

    デフォルトのグローバル・オートインクリメントの宣言を参照してください。

  2. global_database_id 値を設定します。

    SQL Anywhere では、データベースのデフォルト値は、そのデータベース番号でユニークに識別された分割からのみ設定されます。たとえば、データベースに ID 番号 10 を割り当て、分割サイズが 1000 の場合、このデータベースのデフォルト値は 10001 ~ 11000 の範囲から選択されます。このデータベースの別のコピーで、ID 番号 11 が割り当てられたデータベースからは、11001 ~ 12000 の範囲にある同一カラムのデフォルト値が指定されます。

    グローバル・データベース ID の設定を参照してください。


デフォルトのグローバル・オートインクリメントの宣言
グローバル・データベース ID の設定