Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link サーバ・テクノロジの使用 » Mobile Link のパフォーマンス

 

Mobile Link のパフォーマンスに影響を与える主要な要因

Mobile Link 同期のためのスループットなど、システム全体のパフォーマンスは、通常、そのシステムのある時点のボトルネックによって制限されます。Mobile Link 同期では、同期スループットを制限するボトルネックとして次のものが考えられます。

  • 統合データベースのパフォーマンス   Mobile Link で特に重要なのは、統合データベースによる Mobile Link スクリプトの実行速度です。複数のデータベース・ワーカ・スレッドがスクリプトを同時に実行するので、最高のスループットを得るには、同期スクリプトでのデータベース競合を避ける必要があります。

  • Mobile Link のデータベース・ワーカ・スレッド数   スレッド数が小さければ小さいほど、データベース接続数は少なくなるので、統合データベースでの競合発生率は低くなり、オペレーティング・システムのオーバヘッドは少なくなります。ただし、データベース・ワーカ・スレッドの数があまりに少ないと、ワーカ・スレッドが開放されるまでクライアントが待機したままになったり、統合データベースへの接続数が少ないために、効率的な重複ができなくなったりします。

  • クライアントから Mobile Link への通信の帯域幅   ダイヤルアップ接続、広域ネットワーク (WAN) や無線ネットワークでの接続など、通信速度の遅い接続では、クライアントと Mobile Link サーバがデータ転送を待たなければならないことがあります。

  • クライアントの処理速度   ダウンロードには、ローやインデックスの書き込みなど、より多くのクライアント処理が含まれるため、クライアントの処理速度の遅さは、アップロードよりもダウンロードでボトルネックになる可能性が高くなります。

  • Mobile Link から統合データベースへの通信の帯域幅   Mobile Link と統合データベースが同じコンピュータで稼働している場合や、別々のコンピュータで稼働していても高速ネットワークで接続されている場合には、帯域幅がボトルネックになる可能性は低くなります。

  • Mobile Link サーバを実行しているコンピュータの処理速度   Mobile Link を実行しているコンピュータの処理能力が低い場合や、Mobile Link データベース・ワーカ・スレッドとバッファに十分なメモリがない場合には、Mobile Link の実行速度が同期のボトルネックになることがあります。バッファとデータベース・ワーカ・スレッドが物理メモリに収まる場合は、Mobile Link サーバのパフォーマンスがディスク速度に左右されることはほとんどありません。


Mobile Link のパフォーマンスのチューニング