Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link リファレンス » Mobile Link サーバ・システム・プロシージャ » Mobile Link システム・プロシージャ

 

ml_add_dnet_table_script システム・プロシージャ

このシステム・プロシージャを使用して、.NET メソッドをテーブル・イベント用のスクリプトとして登録したり、登録解除したりします。

構文
ml_add_dnet_table_script ( 
'version', 
'table', 
'event', 
'script'  
)
パラメータ

構文

説明

version

VARCHAR(128)。バージョン名。

table

VARCHAR(128)。テーブル名。

event

VARCHAR(128)。イベント名。

script

TEXT。スクリプトの内容。Adaptive Server Enterprise の場合は VARCHAR(16384)。DB2 LUW の場合は VARCHAR(4000)。Oracle の場合は CLOB。

備考

メソッドを登録解除するには、スクリプトの内容パラメータを NULL に設定します。

スクリプトの内容の値は、たとえば MyClass.MyMethod などの .NET アセンブリに含まれるクラス内のパブリック・メソッドです。

ml_add_dnet_table_script を呼び出すと、メソッドが指定のテーブル、イベント、スクリプト・バージョンに関連付けられます。新しいバージョン名は、ml_version テーブルに自動的に挿入されます。

統合データベースのタイプが DB2 メインフレームの場合、このプロシージャは ml_add_dts という名前になります。IBM DB2 メインフレームのシステム・プロシージャ名の変換を参照してください。

参照

次の例では、EgClass クラスの empDownloadCursor メソッドを emp テーブルの download_cursor イベントに割り当てます。

call ml_add_dnet_table_script( 'ver1', 'emp',
'download_cursor','EgPackage.EgClass.empDownloadCursor' )