Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link サーバ・テクノロジの使用 » Mobile Link 統合データベース

 

SQL Anywhere 統合データベース

SQL Anywhere を統合データベースとして設定する

SQL Anywhere を Mobile Link 統合データベースとして動作するよう設定するには、設定プロシージャを実行して、Mobile Link 同期に必要な Mobile Link システム・テーブル、ストアド・プロシージャ、トリガ、ビューを追加する必要があります。次のような方法で実行できます。

  • install-dir\MobiLink\setup にある syncsa.sql 設定スクリプトを実行します。

  • Sybase Central の Mobile Link プラグインで、[モード] - [管理] を選択し、サーバ・データベースに接続します。データベース名を右クリックし、[Mobile Link システム設定のチェック] を選択します。データベースの設定が必要な場合は、続行のプロンプトが表示されます。

  • 同期モデル作成ウィザードまたは同期モデル展開ウィザードを使用する場合は、サーバ・データベースに接続するとシステム設定がチェックされます。データベースの設定が必要な場合は、続行のプロンプトが表示されます。

注意

設定スクリプトを実行するデータベース・ユーザは、Mobile Link システム・テーブルを更新するパーミッションを持つ唯一のユーザです。Mobile Link アプリケーションを設定するには、このパーミッションが必要です。必要なパーミッションを参照してください。

Mobile Link サーバを統合データベースに接続するために使用される RDBMS ユーザは、Mobile Link システム・テーブル、プロシージャなどを修飾子なしで使用できる必要があります (SELECT * from ml_user など)。Mobile Link サーバのシステム・テーブルを参照してください。

ODBC ドライバの設定

SQL Anywhere 統合データベースには、ODBC DSN を設定する必要があります。SQL Anywhere 用の ODBC ドライバは、SQL Anywhere とともにインストールされます。

SQL Anywhere ODBC ドライバについては、ODBC データ・ソースの作成を参照してください。

独立性レベル

Mobile Link 独立性レベルを参照してください。