Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link リファレンス » Mobile Link サーバのシステム・テーブル

 

ml_passthrough

各リモート・データベースで実行するスクリプトを示すローを格納します。

カラム

説明

remote_id

VARCHAR(128)。スクリプトを実行するクライアントのリモート ID。

run_order

INTEGER。このクライアントのスクリプトの実行順序。この値は負でない必要があります。

script_id

INTEGER。ml_passthrough_script テーブルの script_id を参照する整数。この値は、実行するスクリプトを識別します。

last_modified

TIMESTAMP。パススルー情報が最後に追加または変更された時刻。

備考

システム・プロシージャ ml_add_passthrough および ml_delete_passthrough を使用して、このテーブルのエントリを追加、変更、削除できます。

統合データベースのタイプが DB2 メインフレームの場合、このテーブルは ml_pt という名前になります。IBM DB2 メインフレームのシステム・テーブル名の変換を参照してください。

制約

PRIMARY KEY( remote_id, run_order )

FOREIGN KEY( remote_id ) REFERENCES ml_database( remote_id )

FOREIGN KEY( script_id ) REFERENCES ml_passthrough_script( script_id )

参照