Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link サーバ・テクノロジの使用 » リレー・サーバ » リレー・サーバと Mobile Link の使用

 

クライアントからリレー・サーバ・ファームへの接続

リレー・サーバ・ファームが適切に設定されたら、クライアントは次の URL を使用してリレー・サーバ・ファームに接続します。

http://<Relay Server client extension URI>/<farm>
オプション
オプション 説明
<Relay Server client extension URI>

Windows 上の IIS の場合、<domain name>/ias_relay_server/client/rs_client.dll です。

Linux 上の Apache の場合、<domain name>/cli/iarelayserver です。

<farm> リレー・サーバがクライアント要求を転送するバックエンド・ファーム (バックエンド・サーバのグループ) を識別します。
SQL Anywhere Mobile Link クライアントの接続の例

サーバ・ファーム F1 に接続するには、SQL Anywhere Mobile Link クライアントで次のオプションを指定する必要があります。

-e "ctp=http;
     adr='host=relayserver.sybase.com;
        url_suffix=/ias_relay_server/client/rs_client.dll/F1'"

HTTPS の場合は、httphttps に変更します。

Ultra Light/Ultra Light J Mobile Link クライアントの接続の例

サーバ・ファーム F1 に接続するには、Ultra Light/Ultra Light J Mobile Link クライアントで ULSyncParms クラスの次のプロパティを設定する必要があります。

  • ストリーム・タイプを HTTPS に設定します。

  • ストリーム・パラメータを次のように設定します。

    "host=testrelay.ianywhere.com; url_suffix=/ias_relay_server/client/rs_client.dll/F1"
QAnywhere クライアントの接続の例

サーバ・ファーム F1 に接続するには、QAnywhere クライアントで次のオプションを指定する必要があります。

-x "http(host=relayserver.sybase.com;url_suffix=/ias_relay_server/client/rs_client.dll/F1"