Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link サーバ・テクノロジの使用 » リレー・サーバ » リレー・サーバ・ステイト・マネージャ

 

リレー・サーバ・ステイト・マネージャを Windows サービスとして起動する

Windows の場合のみ、サービス・ユーティリティ dbsvc.exe を使用して、ステイト・マネージャを Windows サービスとして起動することができます。これには、リレー・サーバ設定ファイルのオプション・セクションで start プロパティを 「no」 に設定する必要があります。オプション・セクションを参照してください。

サービス・ユーティリティ (dbsvc) は、サービスを作成、変更、削除するときに使用されます。使用法の詳細については、オプションを指定しないで dbsvc.exe を実行してください。

自動起動するステイト・マネージャ・サービス rs を設定する場合
dbsvc -as -s auto -w rs "C:\inetpub\wwwroot\ias_relay_server\server\rshost.exe" -q -qc -f c:\inetpub\wwwroot\ias_relay_server\server\rstest.config -o c:\temp\rs.log
サービスを開始する場合
dbsvc.exe -u rs
サービスを停止する場合
dbsvc.exe -x rs
サービスをアンインストールする場合
dbsvc.exe -d rs