Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link サーバ・テクノロジの使用 » リレー・サーバ » リレー・サーバ・ステイト・マネージャ

 

カスタマイズ・オプションを指定してリレー・サーバ・ステイト・マネージャを自動的に起動する

自動起動が必要で、冗長性レベルやログ・ファイル・ロケーションなど一部のデフォルト動作を上書きしたい場合は、リレー・サーバ設定ファイルのオプション・セクションの start プロパティで、ステイト・マネージャのコマンド・ラインを明示的に指定することができます。この場合、-f オプションは使用できません。設定ファイルの名前は rs.config にして、サーバ拡張機能と同じディレクトリに配置する必要があります。リレー・サーバ・ステイト・マネージャのコマンド・ラインの構文を参照してください。

注意

wwwroot ディレクトリの下にログ・ファイル・ロケーションを指定しないでください。IIS では、ワーカ・プロセスがパブリッシュされたツリーの下にファイルを作成することを許可していません。