Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link サーバ・テクノロジの使用 » リレー・サーバ » リレー・サーバ設定ファイル

 

オプション・セクション

オプション・セクションは、ファーム内の各リレー・サーバに適用するプロパティを指定します。オプション・セクションは 1 つのみ使用できます。

このセクションは、options キーワードによって識別されます。

オプション・セクションのプロパティ

オプション・セクションでは、次のプロパティを指定できます。

  • start   ステイト・マネージャを起動する方法。値は次のいずれかです。

    • auto   ステイト・マネージャは、ステイト・マネージャのコマンド・ラインのデフォルトを使用して自動的に起動されます。

    • no   ステイト・マネージャは、Windows サービスとして外部で起動されます。

    • full path   ステイト・マネージャの実行プログラム (rshost) へのフル・パスを指定します。

    デフォルトは auto です。このプロパティは省略可能です。

  • shared_mem   リレー・サーバがステータスの追跡機能に使用する共有メモリの最大量を指定します。デフォルトは 10 メガバイトです。このプロパティは省略可能です。

  • verbosity   verbosity は次のレベルに設定できます。

    • 0   エラーのみをログに取ります。配備時には、このログ・レベルを使用してください。これはデフォルトです。

    • 1   要求レベル・ロギング。すべての HTTP 要求がログ・ファイルに書き込まれます。

    エラーは指定されたログ・レベルに関係なく表示され、警告はログ・レベルが 0 よりも大きい場合にのみ表示されます。