Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link サーバ・テクノロジの使用 » リレー・サーバ » リレー・サーバの概要

 

リレー・サーバのアーキテクチャ

リレー・サーバの配備環境は、次の要素で構成されます。

次の図は、リレー・サーバのアーキテクチャを示しています。

リレー・サーバのアーキテクチャ図。

リレー・サーバは Web 拡張機能、ステータス情報を保持するバックグラウンド・プロセス、Web サーバのセットで構成されます。

リレー・サーバは Web サーバで実行されている Web 拡張機能であるため、すべての通信は HTTP または HTTPS を使用して実行されます。HTTP を使用すると、企業の既存のファイアウォール設定やポリシーとの統合が容易です。リレー・サーバでは、企業 LAN からリレー・サーバへの接続を企業 LAN 内から開始することが必要になります。これによって、DMZ から企業 LAN 内へのインバウンド接続が必要ではなくなるため、より安全な配備環境が提供されます。

リレー・サーバは、クライアント拡張機能、サーバ拡張機能の 2 つの Web 拡張機能が含まれます。クライアント拡張機能は、モバイル・デバイスで実行されているアプリケーションから行われたクライアント要求を処理します。サーバ拡張機能は、バックエンド・サーバに代わって Outbound Enabler によって行われた要求を処理します。


リレー・サーバ・ファーム
バックエンド・サーバ・ファーム
負荷分散装置
Mobile Link リレー・サーバ Outbound Enabler