Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link イベント » 同期スクリプトの作成 » スクリプトの追加と削除

 

スクリプトの無視

統合データベースに upload_insert、upload_update、upload_delete スクリプトがないテーブルに対するデータの挿入、更新、削除がアップロード・ストリームに含まれる場合、またはテーブルのダウンロード・スクリプト (download_cursor スクリプトと download_delete_cursor スクリプト) がない場合、Mobile Link サーバは次のいずれかの処理を行います。

Mobile Link サーバ・コマンド・オプション -zwd を指定すると、この警告メッセージを抑制することができますが、このオプションにより、すべての同期テーブルに関する警告メッセージが抑制されてしまいます。

Mobile Link サーバは、プレフィクス --{ml_ignore} が含まれるすべての接続スクリプトやテーブル・スクリプトについて、別の扱いをします。Mobile Link サーバでは、これらのスクリプトが意図的に無視するスクリプトとして認識されます。より厳密には、upload_insert、upload_update、upload_delete スクリプトのある同期テーブルに対するデータの挿入、更新、削除がアップロード・ストリームに含まれていて、これらのスクリプトでプレフィクス --{ml_ignore} が指定されている場合、Mobile Link サーバは統合データベースに対してこれらのスクリプトを実行しません。さらに、-fr オプションを指定してサーバが起動されたかどうかに関係なく、エラーや警告のメッセージを表示しないで同期を続けます。

このロジックはダウンロードにも当てはまります。ただし、意図的な無視されたスクリプトや、実際の upload_delete (upload_insert または upload_update) スクリプトがない同期テーブルに対するデータの削除 (挿入または更新) がアップロード・ストリームに含まれる場合、このテーブルに対する意図的に無視されたスクリプトや実際の upload_insert または upload_update スクリプトが存在する場合でも、Mobile Link サーバは同期を中断したり警告メッセージを表示したりします。