Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link イベント » 同期イベント

 

publication_nonblocking_download_ack 接続イベント

非ブロッキング・ダウンロード確認を使用する場合、このスクリプトは、パブリケーションが正常にダウンロードされたという情報を記録する場所を提供します。

パラメータ

次の表の説明では、SQL データ型を示します。Java または .NET でスクリプトを作成する場合、適切なデータ型を使用してください。SQL データ型と Java データ型SQL データ型と .NET データ型を参照してください。

SQL スクリプトでは、名前または疑問符を使用してイベント・パラメータを指定できますが、スクリプト内に名前と疑問符を混在させることはできません。疑問符を使用する場合、パラメータは以下に示す順に指定する必要があり、後続のパラメータが指定されていない場合のみ省略可能です (たとえば、パラメータ 2 を使用する場合は、パラメータ 1 を使用してください)。名前付きパラメータを使用する場合は、パラメータの任意のサブセットを任意の順に指定できます。

SQL スクリプトのパラメータ名

説明

順序

s.remote_id VARCHAR(128)。Mobile Link リモート ID。名前付きパラメータを使用している場合のみ、リモート ID を参照できます。 適用不可

s.username

VARCHAR(128)。Mobile Link ユーザ名。

2

s.last_publication_download

TIMESTAMP。同期テーブルの最後のダウンロード時刻。

3

s.publication name VARCHAR(128)。パブリケーションの名前。 4
s.subscription_id VARCHAR(128)。パブリケーション ID。 5
備考

このイベントを使って、リモート・データベースでこのパブリケーションのダウンロードが正常に適用された時間を記録できます。

このイベントが呼び出されるのは、非ブロッキング・ダウンロード確認を使用している場合のみです。非ブロッキング・モードでは、ダウンロードが送信されたときに、ダウンロード・トランザクションがコミットされ、同期が終了します。このイベントは、同期クライアントが正常なダウンロードを確認したときに、ダウンロードのパブリケーションごとに 1 回呼び出されます。このイベントは、新しい接続で、元の同期の end_synchronization スクリプトの後に呼び出されます。このイベントのアクションは、Mobile Link システム・テーブルのダウンロード時刻の更新とともにコミットされます。

このスクリプトが持つ特殊な性質によって、同期中に設定された接続レベルの変数は、このイベントを実行するときには使用できません。

参照
SQL の例

次のスクリプトは、download_pubs_acked というテーブルにレコードを追加します。レコードには、パブリケーション名、最初の認証パラメータ、ダウンロード・タイムスタンプが含まれます。

INSERT INTO download_pubs_acked( pub_name, auth_parm, last_download ) 
   VALUES( {ml s.publication_name},  {ml a.1}, {ml s.last_publication_download} )