Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link リファレンス » Mobile Link サーバ・システム・プロシージャ » Mobile Link システム・プロシージャ

 

ml_delete_passthrough システム・プロシージャ

このストアド・プロシージャは、指定の実行順序を持つ指定のスクリプトを指定のリモートにダウンロードさせる、ml_passthrough テーブル内のローを削除します。スクリプトは、削除される前にリモートにダウンロードされた場合、リモートから削除されずに通常どおり実行されます。

構文
ml_delete_passthrough ( 
'remote_id', 
'script_name', 
'run_order' 
)
パラメータ

構文

説明

remote_id

VARCHAR(128)。リモート ID。remote_id が NULL の場合、指定されたスクリプト名と実行順序について、ml_passthrough テーブル内のすべてのローが削除されます。

script_name

VARCHAR(128)。スクリプト名。

run_order

INTEGER。リモート・データベースで適用されるスクリプトの実行順序。run_order が NULL の場合、指定された remote_idscript_name について、実行順序に関係なくすべてのローが ml_passthrough テーブルから削除されます。

備考

Mobile Link サーバは、エントリを ml_passthrough テーブルから自動的には削除しません。古いパススルー・スクリプトを削除するには、このプロシージャを使用してください。

統合データベースのタイプが DB2 メインフレームの場合、このプロシージャは ml_del_pt という名前になります。IBM DB2 メインフレームのシステム・プロシージャ名の変換を参照してください。

参照