Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link リファレンス » Mobile Link サーバ・システム・プロシージャ » Mobile Link システム・プロシージャ

 

ml_add_passthrough システム・プロシージャ

このシステム・プロシージャを使用して、スクリプトを実行するリモート・データベースを識別します。このプロシージャは、ml_passthrough システム・テーブルにエントリを追加します。指定の remote_id と run_order を持つエントリがすでにテーブルに存在している場合、このプロシージャはエントリを更新します。

構文
ml_add_passthrough ( 
'remote_id', 
'script_name', 
run_order 
)
パラメータ

構文

説明

remote_id

VARCHAR(128)。スクリプトを実行するデータベースのリモート ID。この値は、特定のクライアントに適用する ml_database テーブル内の有効なリモート ID を指定できます。また、ml_database テーブルでリストされたすべてのスクリプト・クライアントに適用する場合は NULL を指定できます。

警告

スクリプトをすべてまたは多数のリモートに適用する場合は、十分注意してください。スクリプトが適切に記述されていないと、ほとんどまたはすべてのリモートが破損したり、無効になったりする可能性があります。

script_name

VARCHAR(128)。サブスクライブされるスクリプトの名前。この値は、ml_passthrough_script テーブルで定義されている有効なスクリプト名にしてください。

run_order

INTEGER。run_order パラメータによって、スクリプトをリモート・データベースに適用する順序が決まります。スクリプトは常に、run_order に従って順序どおりに適用されます。各リモート・ストアは、適用を試みたがダウンロードまたは実行していない、より小さい run_order のスクリプトがない、最後のスクリプトの run_order を保存します。

この値は負でない整数にするか、NULL にします。

備考

run_order を NULL と定義した場合、プロシージャによって、remote_id の値に基づいた整数が代入されます。remote_id が NULL の場合、プロシージャによって、ml_passthrough 内の run_order の値に 10 を加えた値が代入されます。remote_id が NULL ではない場合、プロシージャによって、ml_passthrough テーブル内の remote_id のローの run_order の最大値に 10 を加えた値が代入されます。

統合データベースのタイプが DB2 メインフレームの場合、このプロシージャは ml_add_pt という名前になります。IBM DB2 メインフレームのシステム・プロシージャ名の変換を参照してください。

参照