Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link サーバ・テクノロジの使用 » Mobile Link サーバ・オプション

 

-zw オプション

表示する警告メッセージのレベルを制御します。

構文
mlsrv11 -c "connection-string" -zw levels
備考

Mobile Link には、5 つのレベルの警告メッセージがあります。

レベル 説明
0 すべての警告メッセージを表示しない
1 サーバ・レベルと高い ODBC レベル:Mobile Link サーバが起動するときに警告メッセージを表示
2 同期レベルとユーザ・レベル:同期が開始するときに警告メッセージを表示
3 スキーマ・レベル:Mobile Link サーバがクライアント・スキーマを処理するときに警告メッセージを表示
4 スクリプト・レベルと低い ODBC レベル:Mobile Link サーバがスクリプトをフェッチ、準備、または実行するときに警告メッセージを表示
5 テーブル・レベルまたはロー・レベル:Mobile Link サーバがアップロードまたはダウンロードでテーブル操作を実行するときに警告メッセージを表示

レポートする警告メッセージのレベルを指定する場合は、複数のレベルをカンマで区切るか、2 つのドットで範囲を指定できます。たとえば、-zw 1..3,5-zw 1,2,3,5 と同じです。

メッセージのレポートはパフォーマンスにほとんど影響しません。レベル数が高いほど、多くのメッセージが生成される傾向があります。

同じコマンド・ラインで -zw を 2 回以上使用すると、Mobile Link は最後のインスタンスのみを認識します。-zw、-zwd、-zwe の設定が競合する場合は、-zwe、-zwd、-zw の優先順位で処理されます。

デフォルトは 1,2,3,4,5 です。この場合、すべてのレベルの警告メッセージが表示されます。