Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link サーバ・テクノロジの使用 » Mobile Link 統合データベース » 統合データベースの概要

 

リモート・テーブルと統合データベースの関係

同期の設計では、リモート・データベースにあるテーブル/カラムと統合データベースにあるテーブル/カラムの間のマッピングが指定されます。通常、リモート・データベースのテーブルとカラムは、統合データベースのテーブルとカラムと完全に一致するか、それらのサブセットです。

許可されている任意の関係

リモート・データベースにあるテーブルは、統合データベースのテーブルと同じである必要はありません。1 つのリモート・アプリケーション・テーブルで同期されたデータは、異なるテーブルのカラムに配布できます。また、異なる統合データベースのテーブル間でも配布できます。これらの関係を指定するには、同期スクリプトを使用します。

シンプルな直接関係

最も簡単で一般的な設計では、統合データベースのテーブル構造のサブセットであるリモート・データベースのテーブル構造を使用します。この設計を使うと、リモート・データベースの各テーブルが統合データベースに存在するようになります。対応するテーブルの構造体と外部キーの関係が、統合データベースのものと同じになります。

統合データベースには、同期されていないカラムとテーブルが含まれていることがよくあります。これらのカラムやテーブルの一部は、同期に使用されている可能性があります。たとえば、timestamp カラムは、統合データベース内の新しいローや更新されたローを識別できます。また、シャドー・テーブルは、削除を追跡するのに使用できます。統合データベース内の同期されていないカラムやテーブルには、リモート・サイトでは必要ない情報を保存できます。

リモート・データベースにも、同期されていないテーブルやカラムが含まれていることがよくあります。

参照