Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link サーバ・テクノロジの使用 » Mobile Link サーバ・オプション

 

-sl dnet オプション

.NET Common Language Runtime (CLR) オプションを設定し、起動時に CLR を強制的にロードします。

構文
mlsrv11 -c "connection-string" -sl dnet options ...
備考

.NET CLR に直接渡すオプションを設定します。オプションは次のとおりです。

オプション 説明
-Dname=value

環境変数を設定します。次に例を示します。

-Dsynchtype=far -Dextra_rows=yes

詳細については、.NET フレームワークのクラス System.Environment を参照してください。

-MLAutoLoadPath=path 基本アセンブリのロケーションを設定します。プライベート・アセンブリでのみ有効です。アセンブリのロケーションを Mobile Link に指示するには、このオプションまたは -MLDomConfigFile を使用します。両方同時には使用できません。-MLAutoLoadPath を使用する場合、イベント・スクリプトでドメインを指定できません。デフォルトは現在のディレクトリです。
-MLDomConfigFile=file 基本アセンブリのロケーションを設定します。共有アセンブリがある場合、すべてのアセンブリをディレクトリにロードしない場合、またはその他の理由で MLAutoLoadPath を使用できない場合に使用します。アセンブリのロケーションを Mobile Link に指示するには、-MLDomConfigFile または -MLAutoLoadPath を使用します。両方同時には使用できません。

-MLStartClasses=

classnames

サーバの起動時に、ユーザ定義の起動クラスをリスト内の順序でロードしインスタンス化します。
-clrConGC CLR での同時ガーベジ・コレクションを有効にします。
-clrFlavor=( wks | svr ) ロードする .NET CLR の種類。サーバは svr で、ワークステーションは wks です。デフォルトでは、wks がロードされます。
-clrVersion=version ロードする .NET CLR のバージョン。プレフィクス v が必要です。たとえば、v1.0.3705 と指定すると、ディレクトリ \Microsoft.NET\Framework\v1.0.3705 がロードされます。

このオプション・リストを表示するには、次のコマンドを実行します。

mlsrv11 -sl dnet (?)
参照