Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ管理 » Mobile Link サーバ API » Java による同期スクリプトの作成

 

Java 同期論理の作成

Java 同期論理を作成するには、Mobile Link イベントの知識、Java に関する若干の知識、Java 用 Mobile Link サーバ API の知識が必要です。

API の完全な説明については、Java 用 Mobile Link サーバ API リファレンスを参照してください。

Java 同期論理を使用すると、ステータス情報を管理し、アップロード・イベントとダウンロード・イベント関連の論理を実装できます。たとえば、Java で作成された begin_synchronization スクリプトを使用すると、Mobile Link ユーザ名を変数に格納できます。同期処理中に後で呼び出されるスクリプトは、この変数にアクセスできます。また、Java は、コミットの実行前または実行後に統合データベースのローにアクセスするために使用できます。

Java を使用すると、統合データベースへの依存度が減少します。また、統合データベースを新バージョンにアップグレードしたり、別のデータベース管理システムに切り替えたりする場合も、動作に与える影響が少なくて済みます。

ダイレクト・ロー・ハンドリング

Mobile Link のダイレクト・ロー・ハンドリングを使用して、リモート・データと中央のデータ・ソース、アプリケーション、または Web サービスとの通信ができます。ダイレクト・ロー・ハンドリングでは、Java または .NET 用 Mobile Link サーバ API の特別なクラスを使用して、同期対象のデータに直接アクセスします。

ダイレクト・ロー・ハンドリングを参照してください。


クラス・インスタンス
トランザクション
SQL データ型と Java データ型
コンストラクタ
メソッド
Java クラスのデバッグ
Java での Mobile Link サーバ・エラーの処理
ユーザ定義起動クラス