Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ起動同期 » サーバ起動同期のシステム・プロシージャ

 

ml_set_listening システム・プロシージャ

手動でデバイス・トラッキングを設定している場合、このシステム・プロシージャを使用して、Mobile Link ユーザとリモート・デバイス間のマッピングを追加または変更します。ml_listening テーブル内のローを追加または更新します。

パラメータ

項目

パラメータ

説明

1

ml_user

VARCHAR(128)。Mobile Link ユーザ名。

2

device

VARCHAR(255)。既存のデバイス名。

3

listening

CHAR(1)。DeviceTracker のアドレス設定に使用するためにこのレコードをアクティブにする場合、y に設定します。

4

ignore_tracking CHAR(1)。トラッキングを無視し、手動で入力したデータがトラッキングによって上書きされないようにする場合、y に設定します。

5

source VARCHAR(255)。このレコードのソースにあるオプションの注釈。
備考

システム・プロシージャ ml_set_device、ml_set_device_address、ml_set_listening は、Mobile Link システム・テーブル ml_device、ml_device_address、ml_listening にある情報を変更することで自動デバイス・トラッキングを上書きするのに使用します。たとえば、リモート・デバイスが Palm の場合、自動デバイス・トラッキングを使用できますが、手動で Palm デバイス用のデータを挿入します。

このシステム・プロシージャは、デバイス・トラッキングを手動で設定する場合にだけ役立ちます。デバイス・トラッキングのサポートの追加を参照してください。

参照

各リモート・データベースについて、デバイスの受信者レコードを追加します。これは、デバイスを Mobile Link ユーザ名にマッピングします。

CALL ml_set_listening(
    'myULDB',
    'myFirstTreo180',
    'y',
    'y',
    'manually entered by administrator'
);