Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ起動同期 » サーバ起動同期チュートリアル » チュートリアル:ライトウェイト・ポーリングを使用したサーバ起動同期

 

レッスン 5:リモート・データベースの設定

このレッスンでは、SQL Anywhere リモート・データベースを作成し、同期パブリケーション、ユーザ、サブスクリプションを作成します。また、Listener のコマンド・ファイルを作成し、Listener を起動します。

♦  新しい SQL Anywhere リモート・データベースを作成して設定するには、次の手順に従います。
  1. コマンド・プロンプトで、データベースを作成するディレクトリに移動します。

  2. 次のコマンドを入力して、データベースを作成します。

    dbinit c:\MLsis\SIS_CarDealer_LP_DBLSN_REM.db
  3. 次のコマンドを入力して、データベースを起動します。

    dbeng11 c:\MLsis\SIS_CarDealer_LP_DBLSN_REM.db
  4. リモート・データベース・スキーマを生成します。

    1. [スタート] - [プログラム] - [SQL Anywhere 11] - [Sybase Central] をクリックします

    2. 左ウィンドウ枠で、[SQL Anywhere 11] をクリックします。

    3. [ファイル] - [接続] をクリックします。

    4. [ID] タブをクリックします。

    5. [ユーザ ID] フィールドに DBA と入力します。

    6. [パスワード] フィールドに sql と入力します。

    7. [データベース] タブをクリックします。

    8. [サーバ名] フィールドに、SIS_CarDealer_LP_DBLSN_REM と入力します。

    9. [OK] をクリックします。

    10. [ファイル] - [Interactive SQL を開く] をクリックします。

    11. 次のコマンドを実行して、Dealer テーブルを作成します。

      CREATE TABLE Dealer (
          name           VARCHAR(10) NOT NULL PRIMARY KEY,
          rating         VARCHAR(5),
          last_modified  TIMESTAMP DEFAULT TIMESTAMP
      )
      COMMIT;
  5. 次のコマンドを実行して、同期パブリケーション、同期ユーザ、同期サブスクリプションを作成します。

    CREATE PUBLICATION CarDealer(TABLE DEALER WHERE 0=1)
    CREATE SYNCHRONIZATION USER test_mluser OPTION ScriptVersion='CarDealer'
    CREATE SYNCHRONIZATION SUBSCRIPTION TO CarDealer FOR test_mluser
    SET OPTION public.ml_remote_id = remote_id;
    COMMIT;
参照