Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ起動同期 » サーバ起動同期チュートリアル » チュートリアル:ライトウェイト・ポーリングを使用したサーバ起動同期

 

レッスン 1:統合データベースの設定

このレッスンでは、dbinit ユーティリティを使用して、同期に必要なスクリプトで SIS_CarDealer_LP_DBLSN_CONDB という名前の統合データベースを作成します。

♦  新しい SQL Anywhere 統合データベースを作成して起動するには、次の手順に従います。
  1. 新しい SQL Anywhere 統合データベースを作成します。

    コマンド・プロンプトで、dbinit ユーティリティを使用し、データベースのファイル名とパスを指定します。たとえば、次のコマンドを実行します。

    dbinit c:\MLsis\SIS_CarDealer_LP_DBLSN_CONDB.db
  2. 統合データベースを起動します。

    dbeng11 c:\MLsis\SIS_CarDealer_LP_DBLSN_CONDB.db

SQL Anywhere 11 ドライバを使用して、データベース用の ODBC データ・ソースを定義します。

♦  統合データベース用の ODBC データ・ソースを定義するには、次の手順に従います。
  1. [スタート] - [プログラム] - [SQL Anywhere 11] - [ODBC アドミニストレータ] を選択します。

  2. [ユーザー DSN] タブをクリックし、[追加] をクリックします。

  3. [名前] リストで [SQL Anywhere 11] をクリックします。[完了] をクリックします。

  4. [SQL Anywhere 11 の ODBC 設定] ウィンドウで、次の操作を行います。

    1. [ODBC] タブをクリックします。

    2. [データ・ソース名] フィールドに SIS_CarDealer_LP_DBLSN_CONDB と入力します。

    3. [ログイン] タブをクリックします。

    4. [ユーザ ID] フィールドに DBA と入力します。

    5. [パスワード] フィールドに sql と入力します。

    6. [データベース] タブをクリックします。

    7. [サーバ名] フィールドに、SIS_CarDealer_LP_DBLSN_CONDB と入力します。

    8. [データベース・ファイル] フィールドに、c:\MLsis\SIS_CarDealer_LP_DBLSN_CONDB.db と入力します。

    9. [OK] をクリックします。

  5. [OK] をクリックします。

参照