Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ起動同期 » Mobile Link Listener ユーティリティ » Windows デバイス用の Listener ユーティリティ

 

Windows 用の Listener キーワード

次のキーワードを使用すると、dblsn -l オプションを使用して作成されたメッセージ・ハンドラを設定できます。Listener キーワードの使用方法の詳細については、-l オプションを参照してください。

フィルタのキーワード

Push 通知内のメッセージをフィルタするには、次のキーワードを使用します。

キーワードの構文 説明
subject=subject-string

件名のテキストが subject-string と同等の場合にメッセージをフィルタします。

content=content-string

内容のテキストが content-string と同等の場合にメッセージをフィルタします。

message=message-string

メッセージ全体のテキストが message-string と同等の場合にメッセージをフィルタします。

message_start=message-string

メッセージが message-string で始まる場合にメッセージをフィルタします。

sender=sender-string

メッセージの送信者が sender-string の場合にメッセージをフィルタします。

アクションのキーワード

フィルタ条件が満たされている場合にアクションを開始するには、次のキーワードを使用します。

キーワードの構文 説明
action=command

アクション・コマンドを指定します。Windows 用の Listener アクション・コマンドを参照してください。

altaction=command

アクション・コマンドが失敗した場合に開始される代替アクション・コマンドを指定します。Windows 用の Listener アクション・コマンドを参照してください。

ポーリングのオプション

ライトウェイト・ポーラを設定するには、次のオプションを使用します。

キーワードの構文 説明
poll_connect={ http | https | tcpip } [ (protocol-option=value;...) ]

サーバへの接続に必要なライトウェイト・ネットワーク・プロトコル・オプションを指定します。デフォルト値は、dblsn -x オプションから継承されます。-x オプションを参照してください。

poll_notifier=Notifier-string

Push 要求を処理する Notifier の名前を指定します。必須。

poll_key=key-string

Notifier に Listener 自体を示すための Listener の名前を指定します。この値は、ユニークにする必要があります。必須。

poll_every=seconds-number

Listener がサーバをポーリングする頻度を指定します。間隔は秒単位で測定されます。デフォルト値は、Mobile Link サーバから自動的に取得されます。

オプション

次のオプションを使用すると、メッセージ・ハンドラの動作を設定できます。

キーワードの構文 説明
continue=[ yes | no ]

最初の一致を検出した後に Listener が受信を継続するかどうかを指定します。デフォルト値は no です。yes 値を使用すると、複数のフィルタを指定するときに、1 つのメッセージによって複数のアクションが開始される場合に役立ちます。

confirm_action=[ yes | no ]

フィルタがアクションを確認するかどうかを指定します。デフォルト値は yes です。

confirm_delivery=[ yes | no ]

フィルタが条件付きのメッセージ配信を確認するかどうかを指定します。デフォルト値は yes です。したがって、最初のフィルタがメッセージを受け入れたときに配信確認が送信されます。

メッセージの確認が必要で、フィルタがメッセージを受け入れた場合にのみ、配信を確認できます。指定したゲートウェイに、yes に設定された confirm_delivery キーワード値が定義されている場合は、メッセージに確認が必要です。no 値は、複数のフィルタが同一メッセージを受け入れる場合に、どのフィルタが配信確認をするかを細かく制御するために使用できます。サーバでの配信確認の処理の詳細については、confirmation_handler イベントを参照してください。

maydial=[ yes | no ]

アクションがモデムにダイヤル接続するパーミッションがあるかどうかを指定します。デフォルト値は yes です。no 値を指定すると、Listener はアクションの前にモデムを解放します。

参照