Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - サーバ起動同期 » サーバ起動同期の高度なトピック

 

メッセージ構文

ライトウェイト・ポーリング (デフォルト)、UDP ゲートウェイ、SYNC ゲートウェイには、次のメッセージ構文が適用されます。

message = [subject]content

SMTP ゲートウェイを使用して送信されるメッセージは、次のいずれかの構文構造をしています。

  • message = sender[subject]content
  • message = sender(subject)content
  • message = sender{subject}content
  • message = sender<subject>content
  • message = sender'subject'content
  • message = sender"subject"content

正しいメッセージ構文と sender の電子メール・アドレス構文は、各自の無線通信事業者によって異なります。メッセージ構文を判定するには、メッセージのロギングを有効にして Listener を実行します。このとき、冗長性レベルは dblsn の -m オプションと -v オプションを使用して 2 に設定します。最初に Listener を実行したときに、メッセージ・ログには正しい構文が記録されています。

デバイス・トラッキング・ゲートウェイを使用する場合、メッセージ構文はメッセージの送信に使用する従属ゲートウェイによって異なります。SMTP 従属ゲートウェイを使用する場合、構文は各自の公衆無線通信事業者によって異なります。

備考

大カッコ、シェブロン、二重引用符、カッコ、一重引用符、角カッコは、内部使用のために予約されています。subject 内では使用しないでください。メッセージの制限事項の詳細については、Push 要求の使用を参照してください。

参照