Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クイック・スタート » Mobile Link テクノロジの概要 » Mobile Link のモデル

 

モデルの配備

モデルを試す準備ができたら、同期モデル展開ウィザードを使用して展開します。次の複数の要素を展開できます。

  • 統合データベースの変更内容

  • SQL Anywhere または Ultra Light リモート・データベース (データベースを作成するか、既存の空のデータベースにテーブルを追加するか、リモート・テーブルがすでに格納されている既存のデータベースを使用)

  • モデルを展開するバッチ・ファイル (生成されるバッチファイルの先頭には変数宣言があり、バッチ ファイルの実行前にこの変数宣言を編集できます)

  • Mobile Link サーバと Mobile Link クライアントを実行するためのバッチ・ファイル

  • サーバによって開始される同期の設定

モデルを配備すると、モデル・ファイルは保存されます。

統合データベースへの配備

同期モデル展開ウィザードでは、次の 2 つの方法で統合データベースに展開できます。

♦  SQL ファイルから統合データベースに展開するには、次の手順に従います。
注意

展開時にシャドー・テーブルを作成した場合は、シャドー・テーブルが作成されるベース・テーブルの所有者または管理者として、統合データベースに接続する必要があります。

リモート・データベースの配備

既存のリモート・データベースを使用するか、ウィザードでリモート・データベースを作成できます。ウィザードでは、リモート・データベースを直接作成するか、リモート・データベースを作成する SQL ファイルを作成できます。

ウィザードでは、モデルで指定したデータベース所有者を使用して、デフォルトのデータベース・オプションでリモート・データベース (SQL Anywhere または Ultra Light) が作成されます。また、同期モデル作成ウィザードを使用しないでカスタム設定でリモート・データベースを作成し、ウィザードを使用して必要なリモート・テーブルを追加するか、すでにリモート・テーブルがある既存のリモート・データベースに展開することもできます。

♦  SQL ファイルから統合データベースに展開するには、次の手順に従います。
同期ツールを実行するバッチ・ファイルの配備

ウィザードでは、次のバッチ・ファイルを作成できます。

♦  モデルを展開するには、次の手順に従います。
  1. モデル・モードで、[ファイル] - [展開] を選択します。

  2. 同期モデル展開ウィザードの指示に従います。

  3. 完了したら、選択した変更内容が展開されます。同じ名前のファイルがすでにあった場合は、上書きされます。

  4. アプリケーションを同期するには、展開したモデルの同期を参照してください。


モデルの再展開
展開したモデルの同期