Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クイック・スタート » Mobile Link チュートリアル » チュートリアル:カスタム認証用の .NET と Java の使用

 

レッスン 4:認証のテスト

Ultra Light には、サンプル Windows クライアントが用意されています。このクライアントは、ユーザが同期を発行したときに自動的に dbmlsync ユーティリティを起動します。これは簡単な販売状況アプリケーションで、前のレッスンで起動した CustDB 統合データベースに対して実行できます。

♦  サンプル・アプリケーションを起動して認証をテストするには、次の手順に従います。
  1. サンプル・アプリケーションを起動します。

    [スタート] - [プログラム] - [SQL Anywhere 11] - [Ultra Light] - [Windows サンプル・アプリケーション] を選択します。

  2. 無効な従業員 ID を入力して同期します。

    このアプリケーションでは、従業員 ID は Mobile Link ユーザ名でもあります。"ML" で始まらないユーザ名の場合、Java または .NET 論理により同期が失敗します。従業員 ID の値として 50 を入力し、[OK] を押します。

    ユーザ ID またはパスワードが無効であることを示す SQL コード -103 の同期エラーが [Ultra Light CustDB デモ] ウィンドウに表示されます。

詳細情報

CustDB Windows アプリケーションの詳細については、Mobile Link CustDB サンプルの解説を参照してください。