Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クイック・スタート » Mobile Link テクノロジの概要 » Mobile Link 同期の概要

 

Mobile Link アプリケーション開発のためのオプション

Mobile Link では、アプリケーション開発のためのさまざまな方法が用意されています。それぞれの方法を単独で使うことも、組み合わせて使うこともできます。

  • 同期モデル作成ウィザード   このウィザードを使用すると、アプリケーションの開発作業を順を追って簡単に実行できます。まずスキーマがある中央データベースを作成し、その後でリモート・データベースと同期に必要なスクリプトを作成できます。また、このウィザードではダウンロード削除などの処理を行うためのシャドー・テーブルを統合データベース上に作成できます。ウィザードが完了すると、同期モデルがモデル・モードで表示され、カスタマイズできるようになります。同期モデル展開ウィザードでは、データベースとテーブルの作成、Mobile Link システム・テーブルの更新、Mobile Link ユーティリティを実行するためのスクリプトの作成ができます。

    Mobile Link モデルの展開後にカスタマイズを行う場合、モデル・モードで変更するか、または次のいずれかの方法によりモデル以外で変更します。モデル以外で変更してからモデルを再展開すると、変更は失われます。

    Mobile Link のモデルを参照してください。

  • Sybase Central管理モード   Sybase Central の Mobile Link プラグインには管理モードと呼ばれるセクションがあり、Mobile Link アプリケーションのすべての要素を更新することができます。

    モデル・モードを参照してください。

  • システム・プロシージャ   中央データベースが統合データベースとして動作するよう設定すると、Mobile Link 同期で使用するシステム・オブジェクトが作成されます。この中には Mobile Link システム・テーブルも含まれます。ここにはサーバ側の Mobile Link アプリケーションの大部分が格納されます。また、この中には、Mobile Link スクリプトへの Mobile Link システム・テーブルの挿入やリモート・ユーザの登録などの作業を行うためのシステム・プロシージャやユーティリティも含まれます。次の項を参照してください。

  • Mobile Link システム・テーブルの直接操作   上級ユーザの場合は、Mobile Link システム・テーブルのデータの追加、削除、更新を直接行うこともできます。この操作を行うには、Mobile Link の仕組みを詳細に理解している必要があります。

    Mobile Link サーバのシステム・テーブルを参照してください。