Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クイック・スタート » Mobile Link テクノロジの概要 » Mobile Link CustDB サンプルの解説 » CustDB の設定

 

Ultra Light リモート・データベースの設定

以下の手順では、CustDB のリモート・データベースを作成します。CustDB リモート・データベースは、Ultra Light データベースでなければなりません。

リモート・データベースのアプリケーション論理は samples-dir\UltraLite\CustDB にあります。これには、以下のファイルが含まれています。

  • Embedded SQL の論理   ファイル custdb.sqc には、Ultra Light データベースの情報を問い合わせて修正するための SQL 文と、統合データベースとの同期を開始するために必要な呼び出しが格納されています。

  • C++ API の論理   ファイル custdbcomp.cpp には、C++ API の論理が格納されています。

  • ユーザ・インタフェース機能   この機能は、Samples\UltraLite\CustDB のプラットフォーム固有のサブディレクトリに、別々に格納されています。

Ultra Light が実行されているリモート・デバイスにサンプル・アプリケーションをインストールするには、次の手順を実行します。

♦  サンプル・アプリケーションをリモート・デバイスにインストールするには、次の手順に従います。
  1. 統合データベースを起動します。

  2. Mobile Link サーバを起動します。

  3. サンプル・アプリケーションをリモート・デバイスにインストールします。

  4. リモート・デバイスでサンプル・アプリケーションを起動します。

  5. サンプル・アプリケーションを同期します。

次の例では、DB2 統合データベースを対象として動作している Palm デバイスに CustDB サンプルをインストールします。

  1. 次のようにして、統合データベースが稼働していることを確認します。

    DB2 LUW データベースの DB2 コマンド・ウィンドウを開きます。次のコマンドを入力します。ここでは、useridpassword は DB2 LUW データベースに接続するためのユーザ ID とパスワードです。

    db2 connect to CustDB user userid using password
  2. Mobile Link サーバを起動します。

    DB2 LUW データベースと同期できるようにするため、コマンド・プロンプトで次のコマンドを実行します。

    mlsrv11 -c "DSN=CustDB" -zp
  3. 次のようにして、サンプル・アプリケーションを Palm デバイスにインストールします。

    1. 使用中の PC で、Palm Desktop を起動します。

    2. [Palm Desktop] ツールバーの [インストール] をクリックします。

    3. [追加] をクリックします。SQL Anywhere 11 インストール環境の UltraLite\palm\68k サブディレクトリにある custdb.prc を検索します。

    4. [開く] をクリックします。

    5. Palm デバイスで HotSync を実行します。

  4. 次のようにして、Palm デバイスで CustDB サンプル・アプリケーションを起動します。

    1. Palm デバイスをクレードルに置きます。

      サンプル・アプリケーションを初めて起動した場合は、データの初期コピーの同期とダウンロードを実行することを求めるメッセージが表示されます。この手順が必要なのは、アプリケーションを初めて起動する場合だけです。これによってダウンロードされたデータは、Ultra Light データベースに格納されます。

    2. サンプル・アプリケーションを起動します。

      [Applications] ビューで、[CustDB] を選択します。

    3. プロンプトで、従業員 ID を入力します。

      チュートリアルとして実行するときは、値 50 を入力してください。このサンプル・アプリケーションでは、51、52、または 53 の値も使用できますが、これらの値を入力した場合は、動作が多少異なります。

      各ユーザ ID を使用したときの動作の詳細については、CustDB サンプル内のユーザを参照してください。

      次の処理に進む前に同期を行う必要があることを示すウィンドウが表示されます。

    4. アプリケーションを同期します。

      HotSync を使用して、データの初期コピーを取得します。

    5. データが同期されたことを確認します。

      [Applications] ビューで、[CustDB] アプリケーションを選択します。顧客用の入力シートにデータが入力されて画面に表示されます。

  5. リモート・アプリケーションを統合データベースと同期します。この手順は、データベースを変更したときのみ行ってください。

    1. 統合データベースと Mobile Link サーバが動作中であることを確認します。

    2. Palm デバイスをクレードルに置きます。

    3. HotSync ボタンを押して同期を行います。