Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クイック・スタート » Mobile Link チュートリアル » チュートリアル:Java 同期論理の使用

 

Java 同期チュートリアルの概要

このチュートリアルでは、Java 同期論理を使用するための基本的な手順について説明します。SQL Anywhere 統合データベースとして CustDB サンプルを使用して、Mobile Link のテーブル・レベル・イベント用に簡単なクラス・メソッドを指定します。また、この処理では、コンパイルされた Java クラスのパスを設定するオプションを使用して、Mobile Link サーバ (mlsrv11) を実行します。

必要なソフトウェア
  • SQL Anywhere 11

  • Java ソフトウェア開発キット

前提知識と経験

次の知識と経験が必要です。

  • Java の知識

  • Mobile Link イベント・スクリプトの基本的な知識

目的

次の項目について、知識と経験を得ることができます。

  • Mobile Link テーブル・レベル・イベント用の簡単な Java クラス・メソッドの利用

主要な概念

この項では、次の手順に従って、Mobile Link CustDB サンプル・データベースを使用した基本的な Java ベースの同期を実装します。

  • Mobile Link サーバ API リファレンスを使用して、ソース・ファイルをコンパイルします。

  • 特定のテーブル・レベル・イベント用のクラス・メソッドを指定します。

  • -sl java オプションを使用して、Mobile Link サーバ (mlsrv11) を実行します。

  • サンプル Windows クライアント・アプリケーションを使用して、同期をテストします。

関連項目

同期スクリプトの詳細については、同期スクリプトの概要を参照してください。