Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » Mobile Link - クイック・スタート » Mobile Link チュートリアル » チュートリアル:.NET 同期論理の使用

 

クリーンアップ

チュートリアルをコンピュータから削除します。

♦  チュートリアルをコンピュータから削除するには、次の手順に従います。
  1. ULCustomer テーブルの upload_insert スクリプトと download_cursor スクリプトを元の SQL 論理に戻します。

    1. Interactive SQL を開きます。

      [スタート] - [プログラム] - [SQL Anywhere 11] - [Interactive SQL] を選択するか、次のコマンドを実行します。

      dbisql
    2. [ID] タブをクリックします。

    3. [ODBC データ・ソース名] をクリックし、SQL Anywhere 11 CustDB と入力します。

    4. [OK] をクリックして接続します。

    5. Interactive SQL で次のコマンドを実行します。

      CALL ml_add_table_script( 'custdb 11.0',
         'ULCustomer',
         'upload_insert',
         'INSERT INTO ULCustomer( cust_id, cust_name ) VALUES( ?, ? )' );
      
      CALL ml_add_table_script( 'custdb 11.0',
         'ULCustomer',
         'download_cursor',
         'SELECT "cust_id", "cust_name" 
          FROM "ULCustomer" 
          WHERE "last_modified" >= ?' );
  2. タスクバー上で、SQL Anywhere、Mobile Link、同期クライアントの各ウィンドウを右クリックし、[閉じる] を選択して閉じます。

  3. チュートリアルに関連するすべての .NET ソースを削除します。

    CustdbScripts.cs ファイルと CustdbScripts.dll ファイルを含むフォルダ (c:\mldnet) を削除します。

    注意

    c:\mldnet に他の重要なファイルが含まれていないことを確認してください。

  4. Windows サンプル・アプリケーションのデータベースをリセットします。

    samples-dir\UltraLite\CustDB ディレクトリから次のコマンドを実行します。

    newdb.bat