Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere .NET API リファレンス » クライアント用 QAnywhere .NET API (.NET 2.0) » QAManagerBase インタフェース

 

QAManagerBase のメンバ

パブリック・プロパティ
メンバ名 説明
Mode プロパティ

受信したメッセージの QAManager 受信確認モードを返します。

パブリック・メソッド
メンバ名 説明
BrowseMessages メソッド

メッセージ・ストア内にある、参照可能なメッセージをすべて参照します。

BrowseMessages メソッド

このメソッドは推奨されなくなりました。代わりに BrowseMessagesByQueue(string) メソッドを使用してください。

BrowseMessagesByID メソッド

指定されたメッセージ ID を持つメッセージを参照します。

BrowseMessagesByQueue メソッド

指定されたアドレスに送信され、次以降に取得可能な一連の受信待機中メッセージを参照します。

BrowseMessagesBySelector メソッド

メッセージ・ストアのキューに登録されているメッセージのうち、指定されたセレクタを満たすメッセージを参照します。

CancelMessage メソッド

指定されたメッセージ ID を持つメッセージをキャンセルします。

Close メソッド

QAnywhere メッセージ・システムへの接続をクローズして、QAManagerBase で使用していたリソースをすべて解放します。

CreateBinaryMessage メソッド

QABinaryMessage オブジェクトを作成します。

CreateTextMessage メソッド

QATextMessage オブジェクトを作成します。

GetBooleanStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティの boolean 値を取得します。

GetDoubleStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティの double 値を取得します。

GetFloatStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティの float 値を取得します。

GetIntStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティの int 値を取得します。

GetLongStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティの long 値を取得します。

GetMessage メソッド

指定されたアドレスに送信され、次に取得可能な QAMessage を返します。

GetMessageBySelector メソッド

指定されたアドレスに送信され、かつ指定されたセレクタを満たす、次に取得可能な QAMessage を返します。

GetMessageBySelectorNoWait メソッド

指定されたアドレスに送信され、かつ指定されたセレクタを満たす、次に取得可能な QAMessage を返します。

GetMessageBySelectorTimeout メソッド

指定されたアドレスに送信され、かつ指定されたセレクタを満たす、次に取得可能な QAMessage を返します。

GetMessageNoWait メソッド

指定されたアドレスに送信され、次に取得可能な QAMessage を返します。

GetMessageTimeout メソッド

指定されたアドレスに送信され、次に取得可能な QAMessage を返します。

GetQueueDepth メソッド

指定されたフィルタに基づいて、キューの深さを返します。

GetQueueDepth メソッド

指定されたフィルタに基づいて、すべてのキューの深さの合計を返します。

GetSbyteStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティの signed byte 値を取得します。

GetShortStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティの short 値を取得します。

GetStoreProperty メソッド

メッセージ・ストア・プロパティを示す System.Object を取得します。

GetStorePropertyNames メソッド

メッセージ・ストアのプロパティ名の列挙子を取得します。

GetStringStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティの string 値を取得します。

PropertyExists メソッド

指定されたプロパティに値が存在するかどうかをチェックします。

PutMessage メソッド

別の QAnywhere クライアントに送信するメッセージを準備します。

PutMessageTimeToLive メソッド

別の QAnywhere クライアントに送信するメッセージを準備します。

SetBooleanStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティを boolean 値に設定します。

SetDoubleStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティを double 値に設定します。

SetExceptionListener メソッド

QAnywhere メッセージの非同期的な処理時に QAExceptions を受信するように、ExceptionListener デリゲートを設定します。ExceptionListener デリゲートを参照してください。

SetExceptionListener2 メソッド

QAnywhere メッセージの非同期的な処理時に QAExceptions を受信するように、ExceptionListener2 デリゲートを設定します。ExceptionListener2 デリゲートを参照してください。

SetFloatStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティを float 値に設定します。

SetIntStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティを int 値に設定します。

SetLongStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティを long 値に設定します。

SetMessageListener メソッド

QAnywhere メッセージを非同期に受信するように、MessageListener デリゲートを設定します。MessageListener デリゲートを参照してください。

SetMessageListener2 メソッド

QAnywhere メッセージを非同期的に受信するように、MessageListener2 デリゲートを設定します。MessageListener2 デリゲートを参照してください。

SetMessageListenerBySelector メソッド

メッセージ・セレクタを使用して、QAnywhere メッセージを非同期的に受信するように、MessageListener デリゲートを設定します。MessageListener デリゲートを参照してください。

SetMessageListenerBySelector2 メソッド

メッセージ・セレクタを使用して、QAnywhere メッセージを非同期的に受信するように、MessageListener2 デリゲートを設定します。MessageListener2 デリゲートを参照してください。

SetProperty メソッド

QAnywhere Manager の設定プロパティをプログラムで設定できるようにします。

SetSbyteStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティを sbyte 値に設定します。

SetShortStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティを short 値に設定します。

SetStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティを System.Object 値に設定します。

SetStringStoreProperty メソッド

事前定義済みまたはカスタムのメッセージ・ストア・プロパティを string 値に設定します。

Start メソッド

着信メッセージをメッセージ・リスナで受信するための QAManagerBase を起動します。

Stop メソッド

QAManagerBase による着信メッセージの受信を停止します。

TriggerSendReceive メソッド

QAnywhere メッセージ・サーバとの同期処理を発生させて、他のクライアント宛てのメッセージをアップロードし、ローカル・クライアント宛てのメッセージをダウンロードします。