Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere .NET API リファレンス » クライアント用 QAnywhere .NET API (.NET 2.0) » QAManagerFactory クラス

 

CreateQAManager メソッド

指定されたプロパティを持つ QAManager インスタンスを作成します。

構文
Visual Basic
Public Function CreateQAManager( _
   ByVal props As Hashtable _
) As QAManager
C#
public QAManager CreateQAManager(
   Hashtable  props
);
パラメータ
  • props   QAManager インスタンスを設定するために使用するプロパティのハッシュテーブルを指定します。

戻り値

新しい QAManager インスタンス。

備考

props が NULL の場合、QAManager はデフォルトのプロパティを使用して作成されます。インスタンスの作成後に QAManagerBase.SetProperty を使用して、QAnywhere Manager の設定プロパティをプログラムで設定できます。SetProperty メソッドを参照してください。

QAnywhere Manager の設定プロパティのリストについては、QAnywhere Manager の設定プロパティを参照してください。

例外
参照