Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » サーバ管理要求 » サーバ管理要求でのサーバ・メッセージ・ストアの管理

 

メッセージの削除

サーバのクリーンアップ・ポリシーを指定するには、サーバから削除できるメッセージを制御するルールを使用して、特別なクライアント ianywhere.server.deleteRules に ianywhere.qa.server.deleteRules プロパティを設定します。

次の例では、有効期限の切れたキャンセル済みメッセージを削除するように、メッセージのクリーンアップ・ポリシーを変更します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<actions>
    <SetProperty>
 <prop>
     <client>ianywhere.server.deleteRules</client>
     <name>ianywhere.qa.server.deleteRules</name>
     <value>auto = ias_Status in ( ias_ExpiredStatus, ias_CancelledStatus ) and ias_TransmissionStatus = IAS_TRANSMITTED</value>
 </prop>
    </SetProperty>
    <RestartRules>
 <client>ianywhere.server.deleteRules</client>
    </RestartRules>
</actions>