Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere C++ API リファレンス » MessageProperties クラス

 

STATUS_TIME 変数

構文
const qa_string MessageProperties::STATUS_TIME
備考

このプロパティ名は、メッセージが現在のステータスを受信した時刻を示します。

タイムスタンプには、プラットフォームに合わせたフォーマットが使用されます。Windows/PocketPC プラットフォームのタイムスタンプは SYSTEMTIME フォーマットです。これが FILETIME フォーマットに変換されて、qa_long 値にコピーされます。これはローカル時間です。このフィールドの値は "ias_StatusTime" です。

STATUS_TIME は、最初のパラメータとして getLongProperty メソッドに渡し、関連付けられている読み込み専用のメッセージ・プロパティにアクセスします。

参照

getLongProperty 関数