Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere C++ API リファレンス

 

AcknowledgementMode クラス

構文
public AcknowledgementMode
備考

QAnywhere クライアント・アプリケーションによってどのようにメッセージが確認されるかを示します。

IMPLICIT_ACKNOWLEDGEMENT モードと EXPLICIT_ACKNOWLEDGEMENT モードは、open メソッドを使用して、QAManager インスタンスに割り当てられます。TRANSACTIONAL モードは、QATransactionalManager インスタンスに暗黙的に割り当てられます。

詳細については、QAnywhere API の初期化を参照してください。

暗黙的な受信確認モードでは、メッセージはクライアント・アプリケーションで受信されると受信確認されます。明示的な受信確認モードでは、QAManager のいずれかの受信確認メソッドを呼び出してください。トランザクション志向モードでは、QATransactionalManager インスタンスの commit メソッドを呼び出して、未確認のすべてのメッセージの受信を確認します。すべてのステータス変更は、サーバによってクライアント間で伝達されます。

トランザクション志向メッセージングの場合は、QATransactionalManager を使用します。この場合は、commit メソッドを使用して、トランザクションに属するメッセージの受信を確認します。

QAManagerBase インスタンスのモードは、getMode プロパティを使用して判別できます。

参照

同期的なメッセージ受信

非同期的なメッセージ受信

QAManager クラス

QATransactionalManager クラス

QAManagerBase クラス

メンバ

AcknowledgementMode のすべてのメンバ (継承されたメンバも含みます) を以下に示します。


EXPLICIT_ACKNOWLEDGEMENT 変数
IMPLICIT_ACKNOWLEDGEMENT 変数
TRANSACTIONAL 変数