Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere C++ API リファレンス

 

MessageProperties クラス

構文
public MessageProperties
備考

標準のメッセージ・プロパティ名を格納するフィールドを提供します。

MessageProperties クラスは、標準のメッセージ・プロパティ名を提供します。MessageProperties フィールドは、メッセージ・プロパティの取得と設定で使用する QAMessage メソッドに渡すことができます。

詳細については、QAnywhere メッセージの概要を参照してください。

 QATextMessage * t_msg;
 

次の例では、getIntProperty メソッドを使用して MSG_TYPE に対応する値を取得します。MessageType 列挙体は、int 値の結果を適切なメッセージ・タイプにマッピングします。

 int msg_type;
 t_msg->getIntProperty( MessageProperties::MSG_TYPE, &msg_type)
 

次の例では、MSG_TYPE と RASNAMES を使用して、それぞれメッセージ・タイプと RAS 名を評価します。

void SystemQueueListener::onMessage(QAMessage * msg) {
    QATextMessage *  t_msg;
    TCHAR    buffer[512];
    int      len;
    int      msg_type;

    t_msg = msg->castToTextMessage();
    if (t_msg != NULL) {
        t_msg->getIntProperty(MessageProperties::MSG_TYPE, &msg_type);
        if (msg_type == MessageType::NETWORK_STATUS_NOTIFICATION) {
            // get RAS names using MessageProperties::RASNAMES
            len = t_msg->getStringProperty(MessageProperties::RASNAMES,buffer,sizeof(buffer));
        }
        // ...
    }
}
参照

QAMessage クラス

メンバ

MessageProperties のすべてのメンバ (継承されたメンバも含みます) を以下に示します。


ADAPTER 変数
ADAPTERS 変数
DELIVERY_COUNT 変数
IP 変数
MAC 変数
MSG_TYPE 変数
NETWORK_STATUS 変数
ORIGINATOR 変数
RAS 変数
RASNAMES 変数
STATUS 変数
STATUS_TIME 変数
TRANSMISSION_STATUS 変数