Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere C++ API リファレンス » QABinaryMessage クラス

 

readString 関数

構文
qa_int QABinaryMessage::readString(
  qa_string dest,
  qa_int maxLen
)
パラメータ
  • dest   バイト・メッセージ・ストリームから読み込んだ qa_string 値の格納先。

  • maxLen   読み込む文字の最大数 (NULL ターミネータも含む)。

備考

QABinaryMessage インスタンスのメッセージ本文未読部分の先頭から、string 値を読み込みます。

参照

writeString 関数

戻り値

バッファに読み込まれた NULL 以外の qa_char の合計数。読み込めるデータが残っていない場合、またはエラーが発生した場合は -1。バッファが小さすぎる場合は -2。