Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere C++ API リファレンス » QAMessage クラス

 

getMessageID 関数

構文
qa_const_string QAMessage::getMessageID()
備考

メッセージ ID を取得します。

MessageID ヘッダ・フィールドには、QAnywhere クライアントによって送信された各メッセージを一意に識別する値が格納されています。

putMessage メソッドを使用してメッセージが送信されると、MessageID ヘッダが NULL になるため無視できます。send メソッドが戻ると、割り当てられた値がここに格納されます。

MessageID は、履歴レポジトリ内のメッセージを識別するためのユニークなキーとして使用できる qa_string 値です。

メッセージ・ヘッダとプロパティの取得と設定の詳細については、QAnywhere メッセージの概要を参照してください。

戻り値

メッセージ ID。