Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere C++ API リファレンス » QAMessage クラス

 

nextPropertyName 関数

構文
qa_int QAMessage::nextPropertyName(
  qa_property_enum_handle h,
  qa_string buffer,
  qa_int bufferLen
)
パラメータ
  • h   beginEnumPropertyNames から返されるハンドル。

  • buffer   プロパティ名が書き込まれるバッファ。

  • bufferLen   プロパティ名を格納するバッファの長さ。この長さには、NULL ターミネータのスペースも含める必要があります。

備考

指定された列挙のメッセージ・プロパティ名を返します。該当するプロパティ名がない場合は -1 を返します。

戻り値

プロパティ名の長さ。プロパティ名がない場合は -1。