Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere テクノロジの概要

 

QAnywhere プラグイン

Sybase Central QAnywhere プラグインを使用して、QAnywhere アプリケーションの作成や管理が行えます。このプラグインでは、次の作業を実行できます。

  • クライアント・メッセージ・ストアとサーバ・メッセージ・ストアの作成

  • QAnywhere Agent の設定ファイルの作成と管理

  • QAnywhere Agent のログ・ファイルのブラウズ

  • 送信先エイリアスの作成または変更

  • JMS コネクタと Web サービス・コネクタの作成

  • 転送ルール・ファイルの作成と管理

  • メッセージ・ストアのリモートでのブラウズ

  • メッセージの追跡

♦  QAnywhere プラグインを起動するには、次の手順に従います。
  1. Sybase Central を起動します。

    [スタート] - [プログラム] - [SQL Anywhere 11] - [Sybase Central] を選択します。

  2. [接続] - [QAnywhere 11 に接続] を選択します。

  3. [ODBC データ・ソース名] または [ODBC データ・ソース・ファイル] を指定し、必要に応じて [ユーザ ID][パスワード] を指定します。

  4. [OK] をクリックします。