Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere Java API リファレンス » クライアント用 QAnywhere Java API » QAManagerBase インタフェース

 

cancelMessage メソッド

構文
boolean QAManagerBase.cancelMessage(
  String id
)
throws QAException
パラメータ
  • id   キャンセルするメッセージのメッセージ ID。

スロー
  • メッセージのキャンセルで問題が発生した場合にスローされます。

備考

指定されたメッセージ ID を持つメッセージをキャンセルします。

メッセージが転送される前にメッセージをキャンセル済みの状態にします。

QAnywhere Agent のデフォルトの削除ルールにより、キャンセル済みメッセージは最終的にメッセージ・ストアから削除されます。

メッセージがすでに最終ステータスになっている場合や、中央のメッセージング・サーバに転送済みである場合は、メッセージをキャンセルできません。