Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere Java API リファレンス » クライアント用 QAnywhere Java API » QAManagerBase インタフェース

 

getMessageTimeout メソッド

構文
QAMessage QAManagerBase.getMessageTimeout(
  String address,
  long timeout
)
throws QAException
パラメータ
  • address   このアドレスは、メッセージの受信で QAnywhere クライアントが使用するキュー名を指定します。

  • timeout   メッセージ着信を待機する時間 (ミリ秒単位)。

スロー
  • メッセージの取得で問題が発生した場合にスローされます。

備考

指定されたアドレスに送信され、次に取得可能な QAMessage を返します。

address パラメータは、ローカルのキュー名を指定します。アドレスは、'store-id\queue-name' または 'queue-name' の形式で指定できます。該当するメッセージがない場合、このメソッドは指定されたタイムアウト時間だけ待機してから返されます。メッセージを同期的に受信する場合は、このメソッドを使用します。

参照

QAMessage インタフェース

戻り値

該当する次の QAMessage。メッセージが存在しない場合は NULL。