Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere リファレンス » QAnywhere のプロパティ

 

サーバ・プロパティ

サーバ・プロパティは、Sybase Central またはサーバ管理要求を使用して設定できます。どちらの場合も、サーバ・プロパティはデータベースに格納されます。次の項を参照してください。

サーバ・プロパティ
  • ianywhere.qa.server.autoRulesEvaluationPeriod   メッセージの転送ルールと持続性ルールを含む、ルールの評価時間 (ミリ秒単位)。一般に、ルールは、サーバ・ストアへのメッセージの転送中に動的に評価されるため、ルール評価時間は、時間の影響を大きく受けるルールのみが対象です。デフォルト値は 60000 (1 分) です。

  • ianywhere.qa.server.compressionLevel   QAnywhere コネクタが受信する各メッセージに適用される、デフォルトの圧縮量。圧縮は 0 ~ 9 の範囲の整数で表されます。0 は圧縮がない状態で、9 は最も圧縮された状態です。デフォルトは 0 です。

    コネクタの圧縮レベルをコネクタ・プロパティ・ファイルにも設定した場合は、その設定が、該当のコネクタに対して優先されます。JMS コネクタ・プロパティの設定を参照してください。

  • ianywhere.qa.server.connectorPropertiesFiles  

    廃止予定機能

    Sybase Central に置き換えられています。

    QAnywhere コネクタの設定を、JMS などの外部のメッセージ・システムに対して指定する、1 つ以上のファイルのリスト。デフォルトは、コネクタなしです。

    コネクタを参照してください。

  • ianywhere.qa.server.disableNotifications   このプロパティを true に設定すると、保留中のメッセージのメッセージに関するサーバからの通知が無効になります。これにより、クライアントを待機するメッセージがサーバ上にある場合、クライアントへの通知を開始するように要求するサーバ上の処理は無効になります。ファイアウォールの制限によって通知が不可能である場合など、サーバから通知を送信できないときに、このプロパティを true に設定します。デフォルトは false です。

  • ianywhere.qa.server.logLevel   メッセージング機能のログ・レベル。プロパティ値は、1、2、3、4 のいずれかです。1 は、メッセージ・エラーのみを記録することを指定します。2 は、さらに警告も記録することを指定します。3 は、さらに情報メッセージも記録することを指定します。4 は、Mobile Link サーバで転送される各 QAnywhere メッセージの詳細を含めて、さらに詳細な情報メッセージも記録することを指定します。デフォルトは 2 です。

    これらのログ・メッセージは、Mobile Link サーバ・メッセージ・ウィンドウに出力されます。mlsrv11 の -o オプションまたは -ot オプショが指定されている場合、メッセージは Mobile Link サーバのメッセージ・ログ・ファイルに出力されます。

  • ianywhere.qa.server.id   サーバ管理要求の送信先アドレスのエージェント部分を指定します。このプロパティを設定しなかった場合、この値は ianywhere.server になります。

  • ianywhere.qa.server.password.e   サーバ管理要求の認証用パスワードを指定します。このプロパティが設定されていない場合、パスワードは QAnywhere です。

    サーバ管理要求の概要を参照してください。

  • ianywhere.qa.server.scheduleDateFormat   サーバ側の転送ルールで使用する日付フォーマットを指定します。デフォルトの日付フォーマットは yyyy-MM-dd です。

    文字 日付のコンポーネント
    y 1996
    M July
    d 10

  • ianywhere.qa.server.scheduleTimeFormat   サーバ側の転送ルールで使用する時間フォーマットを指定します。デフォルトの時間フォーマットは HH:mm:ss です。

    文字 日付のコンポーネント
    a AM/PM マーカ PM
    H 1 日の特定の時刻 (0 ~ 23 の値) 0
    k 1 日の特定の時刻 (1 ~ 24 の値) 24
    K 午前/午後の特定の時刻 (0 ~ 11 の値) 0
    h 午前/午後の特定の時刻 (1 ~ 12 の値) 12
    m 30
    s 55

  • ianywhere.qa.server.transmissionRulesFile  

    廃止予定機能

    Sybase Central に置き換えられています。

    メッセージの転送と持続性に関するルールを指定するファイル。デフォルトでは、メッセージのフィルタはなく、メッセージの最終ステータスがメッセージの発信者に転送されると、メッセージは削除されます。


Sybase Central でのサーバ・プロパティの設定