Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » QAnywhere » QAnywhere Agent の概要 » メッセージ転送ポリシー

 

スケジュール設定ポリシー

スケジュール設定ポリシーは、指定された時間間隔で転送を実行するように QAnywhere Agent に指示します。

スケジュール設定ポリシーを呼び出すには、コマンド・ファイルの [プロパティ] ウィンドウで scheduled を選択するか、QAnywhere Agent を起動するときに、次のように scheduled キーワードを指定します。

qaagent -policy scheduled [ interval ] ...

interval に間隔を秒単位で指定します。

デフォルト値は 900 秒 (15 分) です。

スケジュール設定ポリシーを指定すると、次のいずれかの条件が満たされたときに、n 秒間隔でメッセージが転送されます。

  • 前回の時間間隔が経過した後、クライアント・メッセージ・ストアに新しいメッセージを受信した。

  • 前回の時間間隔が経過した後、メッセージ・ステータスが変化した。この現象は、通常、アプリケーションがメッセージの受信を確認したときに起こります。

    受信確認の詳細については、次の項を参照してください。

  • 前回の時間間隔が経過した後、Push 通知を受信した。

  • 前回の時間間隔が経過した後、ネットワーク・ステータス変更通知を受信した。

  • Push 通知が無効にされた。

時間間隔を無視するには、トリガの送受信メソッドを呼び出します。このメソッドを使用すると、時間間隔が経過する前にメッセージを転送できます。次の項を参照してください。